肌感覚





今朝はマスクし忘れて支援に出たのに

なぜか眼鏡が曇る

熱き漢こと884です。




天候がよくわからないですね。

今日こんなに暖かかったのに

週末は東京でも雪が降るかも?

みたいな寒さに再び戻るみたいで、、


体調だけはどうにか気をつけていきましょう!




まずはじめに

僕の楽曲、ありがとうなどから

聴いてくれている人は分かるかと思いますが

僕は中学のときに軽いイジメに遭いまして

(今ではすっかり(笑)とネタにできるので重く受け取らないで下さいね(笑)

むしろ遭ったおかげで見えたものが沢山あったからありがとう。というのは本心なので。)


ただ、その時から自分を出すのがものすごく苦手になりました。

これはもう10年以上も時間が経ってるのに全く治りません。

とても時間もかかれば勇気もいります。

付き合いは長いけど、何考えてんだろう?みたいな人も周りに多いかもしれません。


だから昨日の内容みたいなの書くときはうまくまとまらないことが多いし

少し勇気がいるのですが、、、

すでに温かい言葉を頂けて僕は本当に嬉しいです。


そんな方が1人でもいてくれるだけで

さらけ出していいんだ。って改めて思わせてもらえました。

本当にありがとうございます。


そんなところから

同じような人に少しでも勇気を持ってもらえることが出来たら

なんて想いも頂いたので

僕は今日から正直に、いいも悪いも自分を出していくことにしました。

honestyはやしです。



それは楽曲にはもろに出していくし

言葉を扱うこういうブログでもそう

受け取るのがさらに大変になる

見限るなら今のうちです。笑




そんなhonestyはやしですが

中学以降抜けないことがもう一つあって




●聞き耳を立ててしまう




ということです。


当時、自分が生きやすくなる術として

何をするとどう言われるか

何が奴らに引っかかるのかを判断するべく

聞き耳立てながら生活していたので

自然とそれが身についてしまい

例えば電車で誰かと話していても

隣のカップルの会話が感覚的に気になったら

目の前の会話よりもそっちを聞いてしまったり

余計なところに気が飛んだりしてしまいます。。





それくらい人に多大な影響を残すのがいじめ。


実は僕は中学にあがるまでは

逆に率先していじめてる側でした。

ガキ大将気取ったジャイアンみたいなやつです。

違いと言ったら

映画のときに優しく、かっこよくなるのと出べそくらい。


遭った側ぶってますけど

遭わせる側も知ってるわけです。


だからこそ

歌にも出来たわけで。

本当、奥さん(僕の母親の呼び名)の言う通り

自分のしたことはそのまま自分に返ってくるんですよ。


どちらか一方を知ってる人は多くても

それを肌で体感できてる人って中々いないと思うので

そんな目線からも切り口をもらえたのは本当に感謝だなぁ。




とはいえ、その聞き耳立ても実は結構面白くて。。


今日も電車の中で

隣のご婦人達が話していた内容に

渋谷は谷だった。というものがあって

まぁ話された方は

あ!しぶ"谷"だもんねー!という

絶対分かってないだろっ。ってリアクションだったりして、、

そんな心の中で勝手にツッコミいれてるだけで楽しいのですが


渋谷は谷だった。っていうのが

なんか直感的に引っかかって調べてみると

渋谷の発展に、日本の発展や流行があるような気がしてすごく面白くて。



大まかにいうと

渋谷駅の歴史は130年くらいで

渋谷川と宇田川が長い年月をかけて削れて

すり鉢城の谷ができる。

\ /⇦こんな感じに。

この坂が今でいう道玄坂と宮益坂で

谷を超えるために鎌倉時代から橋がかけられていたそうです。


江戸時代になると谷超えのために人々が往来するようになり

そこからターミナル駅の一端が見えていたのかも。

明治維新後、1885今の山手線となる列車が通り都市化が進むのは1900。

その後ターミナル化も進み出し

このあたりからもう時代の先端走り出しているような印象。


戦争が始まると東急百貨店は爆撃を避けるために

外装をまだらの迷彩模様?にしたそうな。

そんな発想もこの時代では先端をいっているのかな。

都市化=コンクリート化とのことらしく

その鉄筋コンクリート造りのおかげで

駅舎は戦災も少なかったそうな。


その後は高度経済成長と共に列車、電車の数が増え始め、ビルも立ち始め、発展の足をより加速させるのですが

ここで渋谷駅は地下にもその開発を広げ

より先端をいくようになるのだとか。


そして2000年頃からは言わずもがな

高層化がより発展していき

時代の先端を走り続けるわけですが


そうやって辿ってみると

歴史はここ100年くらい

足を止めることなく走り続けて

今の渋谷駅があって

その速度はものすごく早いものなのではないかと。

最近で記憶に新しいのはヒカリエのオープンで

そこに向けて様々な改発が進み

今も未来の姿を描きながら発展しているようです。




詳しくは「渋谷 谷」でgoogle先生に聞けばいっぱい出てくるので

興味あったら是非ともです。




ここで気になるのが

個人的には最近のそのスピードの減り方なのではないかと。

情報や流行りは徐々に飽和し始め

いいもの、それなりのものが当たり前に身近にあるような時代になっていて

ものごとの平均が一般レベルでも上がっている。


例えばセンター街をバスケットボールストリートと改名して

さらに流行を作ろうとした流れはあまり成功したように思えないし。。。




何が言いたいかと言うと

ここからはそんな情報や歴史をしっかり知りつつ

自分の判断でものごとは進めていく時代になっていくのではないかということです。



直感で渋谷は谷って面白そうだな

と思って調べた結果

大切にしたいことが改めて分かりましたが

それもgoogle1つで簡単に手に入れられる情報

僕とは全く違う解釈をする人も沢山いるだろうしその感覚が大切で


身近になりすぎている分

周りの情報や流れに飲まれずに

自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じたもの

それぞれがそれぞれの




「肌感覚」から

しっかり価値を見出していかないと

危険なんじゃないかなということです。








まぁようは自分を大切に

周りに流されずにいこうぜ。ってことですね。

肌感覚的に合わないな

っていうところに無理している必要はない。

そんなところに割く労力よりも

もっと面白い世界が待っているハズの場所へ

ワクワクしながら生きたいですよね。


なかなかそれが難しいけど


みんなの肌感覚に触れられるような

言葉と音楽をしっかり届けられるように

僕は僕なりのやり方で

今日も邁進してまいります。



そして、みんなのそれも

僕は大切にできますように。




今日も読んでくださり、ありがとうございます。




あ、ブログ更新通知登録してくれた方で

メールが送れない設定になっているらしき方がいるようなので

受け取れるような設定にしてくれたらありがたいです。

自分も対策を考えます。

疎くてすいません。。。


もし問題なく受け取れていたらそのまま聞き流して下さい。


©️2019 Wix Inc