8月24日






長野滞在期間、運転が多すぎて、というのは言い訳で時間作るのが下手すぎて、また1週間近く負債を溜めてしまってる884です。





24日は千曲市屋代駅前ロータリーでお世話になっていた元駅長、佐藤さんが繋いでくださり長野県は信濃町の黒姫駅にて歌わせて頂きました。






暑さには弱いので

夏というものがそれほど得意ではなく

あまりはしゃげないのですが

それでも快晴とはいかなかった天気の中でも

1つのステージを皆で囲い、冷えたビールやジュースを飲みながら、キングさんの焼き鳥やバーベキューしながら

各々の楽しみ方をしてる時間は夏のそれでした。





わざわざ遠くまでお越しいただけたり嬉しい再会もあったり、佐藤さんとMSPのご縁がこうしてさらなる縁を結んでくれて本当に感謝しかありません。




ありがとう!





そして夜は千曲市でいつもお世話になっているMSPしょーへーさん宅で、外で素麺を食べながらの花火。





これも夏のそれでした。




ただ僕は花火は線香花火だけで充分という捻くれ者。

それ以外はあまり興味もなければ興奮もないのですが、その線香花火が酷いことに。





花火自体が久々ではありましたが

線香花火の良さと言えばあの尊さ。

チリチリと火玉を作りそこからパチパチと散り出す火花がなんとも儚げ。

たまにチリチリとしてる段階で落ちたりもしてしまうけど、それはそれで醍醐味だったりする。



それなのに!

輸入物が増えているというのを後から知ったのですが、そのせいなのかクオリティがめちゃくちゃ低くなってる。(今回やったやつがそうだっただけかもですが、、)





調べてみたら国内には

もう三軒しか線香花火の製作所はないらしい。

というのも2年前の記事だったので今はどうなってるのやら。




線香花火は一本一本

火花の散り方や持つ時間が違ったりで

だからこそ綺麗に大きくパチパチ散ったときの美しさや儚さに感動してきたのに


全部短命で、かつ散り方や時間も全く同じ。

今回やったやつがたまたまそうだったと信じたいほど。





コストを下げたいのは分かるし、なんならただの個人的好みだから何とも言えないけど。








どこを重要視して

どこに労力やお金をかけていくか

しっかり考えていないといけないなぁと

なんとなく思わされました。

花火関係ないけど。。笑





生活するうえでもそうだし

音楽するうえではもちろん

人との付き合いでもそうだなぁ。





人生100年時代なんていうけど

今この一瞬は返ってこないわけだし

のらりくらりしてたらきっとあっという間。



例え失敗したとても

その辺を考えて考えて考えたうえでしっかり行動したいものです。





少し高くていいから

今度やるならしっかりした線香花火やりたいなぁ。







もう夏も終わりですね。








©️2019 Wix Inc