2019年は2月から

最終更新: 2019年2月4日






特急あずさの停車駅減案について

地元側とJRとでぶつかっておりますが

僕は考え直しても

このままダイヤ改正にいたっても

結局現状からあまり変わらないんじゃないかなぁと思っている884です。



どちらともの考えや主張

(JR側に関してはここにしっかりと触れてないけど、、)

も分かるけどなんかなぁー。。


詳しく書こうとしたらすっごく長くなりそうなので簡潔に書くなら



最近の高速バス需要はものすごいけど

やはり新幹線や飛行機などと同じで

どこまでいっても一定数特急の需要はあって

それを増やそうと考えてるならあまり魅力的とは思えないし

それを分かった上で無駄だったコストや労力をカットする方が目的とは思うので

外的数値は現状とは変わらないと思う。



そして危惧されてる観光側に関しても

そんなに影響ないんじゃないかと思っていて

というのもその場へ行ける手段の数=観光需要にはならないと思うですよねー。


南信地方へのリニア化が進んだときに

テレビかラジオで三四六さん(だったかな?)が言ってたけど

外から、主に東京や海外からの人は

きっと長野の田舎の魅力を求めてやってくるから

街を無理に都市化したりとかはしないでほしいですね。

と言っていて、本当にその通りだなと。


それと同じであずさは主に東京からの人が多いだろうから

そんな方々は多分電車の本数が少なくて

都会の街にはない風情漂う街並み、人の温もりを求めて来ると思うので

むしろそっちの魅力をアピールするものすごいいい機会だと思うんですよね。


そこでしか味わえない、そこだから味わえる

長野の田舎、土地土地の魅力をもっと深く推していけば

停車本数少なくても、むしろそこに価値が生まれるし

結局それを求めて、そこに照準合わせて動くと思うんだよなぁ。


僕だったらどっちに転んでもあまり変化ないと踏んで

反対することでこうしてニュースになったりするから

そのフリして地元にしかない魅力へ引き込む機会にもっと利用するんだけどなぁ。



なんて僕がなんかが言っても不毛なことを考えてました。笑



しかしコレも、音楽にすごく関係してくるところだと思うんですよね。




ただライブ本数、表に出る回数を増やせば

動員やファンは増えるのかといえばそういうわけではなくて

人目に触れる機会は必然的に増えても

結局そこを先へ、自分へ繋ぎ切れるかは

その人の、音楽の魅力をどこまで伝えられるかであって

導線を引く力やブランド力

価値がどこまであるかというところになるんですよね。

↑1番苦手分野というか課題点なのですが、、、



その人や場所、瞬間に価値を作るというのは

それだけ難しいということですね。





でもこれから生きていくうえで大切なのはそこになってくると思うので


まずは今繋がってくれている方々にとって

価値のある存在となれるように

そしてより繋がれるように活動していかないとなぁと思い



結局長い文を書いていた次第であります。




さて、本題ですが、、、笑




今日はインターネットを使ってのチャレンジについてといいましたが

大きなテーマは初日に出たキーワードとなっておりまして。

まぁまたそれか、と思われるかもしれないですが










●日常をステージに







これは頻繁に口にすることで、根付かせていきたいところであります。笑



ようはもっと僕のライブ、音楽が身近なところにあって

それでいてしっかり価値のあるものとして存在するようにしたいのです。


いわゆるライブというものは

お金を払って会場まで足を運ぶことで

その人、音楽に逢える、聴けることで心動かされる

同じ時間と空間を共有できるというところに価値があると思います。


もちろんライブでしか出せない魅力

味わえない魅力があって

それが価値観を生む要因となっていることは言わずもがな分かっているつもりなので

ライブから撃ち抜かれることももちろんあるので

そんな場所をやめるつもりも全くないのですが、、



ただ、僕が音楽を聴いて

うわぁ!やられた!

まんまと揺さぶられた!って思う瞬間

ここに自分の価値を見出したい。って思う瞬間が



シャッフル再生でふと流れてきた音楽なんですよね。



今の気分はこの曲!と決め打ちするのは当然だけど

移動中だとか作業中など

よくiTunesの曲をランダム、シャッフル再生しているのですが

それがいつも聴いていた、昔聴いていた曲、耳馴染み、初めての曲だろうと

その時の心情にあった言葉、メロディが流れてきた瞬間がものすごく好きで

それでいて救われることが多くて

コレって多分みんな一度は経験あるんじゃないかと思うんですよ。


度合いでいえばライブで感じるものよりも大きくはないかもしれないけど

日常に音楽でこんな瞬間を作れるなら

僕はみんなのその瞬間をステージにしたい。

そこに価値を作れるアーティストになりたい!


と思ったというわけであります。



そのためにまずは身近なところに

884というものを知ってもらう、触れてもらうツールが必要だと思い

このサイト作ったわけですが

挑戦のための前置きに本腰を据えすぎたので

本腰が前置きくらいの長さとなりますが、、



このサイトにいずれ会員制のコンテンツを作ろうと考えています。



分かりやすいところでいうとファンクラブというもので

実業家だとか

西野さんやら堀江さんがやっているのがいい例とするなら

オンラインサロンといいますか、、



目指しているのは

ファンクラブ7:オンラインサロン3

くらいの比率のものですが

まぁ相当ざっくり言うと

ネット配信できるもののいいところを掻い摘んで全部まとめてやってみちゃおう!



ということです。笑

前置き長かったでしょう。笑



そのためには本当に相当な準備や考案が必要ですが

今までそうして行動になかなか移してこなかったので

見切り発車でもまずはやってみたいと思ってます。

正直まだ会員制コンテンツの設定・編集の仕方すらまだ危ういですが、、、笑



そして僕レベルなどまだまだ知名度も需要も全くないので

冒頭のあずさ論とは反対になりますが

まずは名前と音楽を知ってもらう手段の絶対数、露出度や触れる回数は増やさなきゃいけません。

だから今まで通りの活動、挑戦はもちろん続けていきますので

ライブも好き!と思ってくださる方はご安心を。笑

しかしそれが最低条件の上で環境作りをしなきゃいけません。



自分から望んだこととはいえ

これは今まで足が重く、思考が先行する癖がある人間からすると中々難しいところとは思うのですが

それでもまずはこんな状況化でも

応援してくれる人、付いてきてくれる人とはより深く繋がっていきたいし

そんな方々ひとりひとりの日常に

僅かでも温もりを感じてもらう瞬間を作りたいので


どうか今後の展開も一緒に作ってくれたら嬉しいです。



何をすることが一緒に作るか。何もしてない、出来てないよ?という方いるかもしれませんが

物理的なものもあるけれど


それよりも


通勤にはこの曲、ちょっと落ちてるときにはこの曲って自分の曲をたまに選んでくれたり

なんかまたくだらないこと言ってるわ。と笑ってくれたり

活動、考え面白い。となってただただ守ってくれるだけでも


それが僕にとって充分一緒に歩いてくれることになっていて

それが一緒に作るということに繋がっていますので


どうか、今後ともそれぞれのペースで一緒に生きましょうね。




長くなりましたが

チャレンジしたい大まかなことをお知らせしました。

骨組みどころかひとつしか言ってないけど 笑

その意図や経緯を知ってもらうことで

何となく共感してもらえたら

皆さんのそれが概要、土台となっていくと思っています。




次の記事は今回のような構造的な

理想論のようなチャレンジではなく

もう明確になっている物理的なチャレンジのお知らせ。



まぁワンマンも発表しているし

そこに向けてのカタチに残るものといえば

簡単お察しできるかと思うのですが、、、笑




もっと掘り下げて触れていきます。




とっても長くなりましたが

楽しんでもらえていたら嬉しいなぁ。

常にこのくらいのボリューム感でお届けしたいのが理想です。

日や度合いによってバラつかないように努めます。笑








最新記事

すべて表示

努力よりも習慣化

2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」 19:00〜配信開始 ツイキャスプレミア配信券¥2000 小関峻 ツカダコージ 884 (19:50頃〜) 配信及びチケット購入はこちら↓ https://twitcasting.tv/ebisu_switch/shopcart/7201 やべー、ブログをいつも忘れてしまうー、、 習慣化がまだまだでき

タイミング

6月ライブは現状こちらのみ! 2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」 19:00〜配信開始 ツイキャスプレミア配信券¥2000 小関峻 ツカダコージ 884 (19:50頃〜) 配信及びチケット購入はこちら↓ https://twitcasting.tv/ebisu_switch/shopcart/7201 全てはタイミング。 でもそれは偶

28

歳になりました! 沢山のメッセージありがとうございます! そんな応援のおかげ様で また一つ歳を重ねることが出来ました! 歳をとる毎に深く 歳をとることに楽しみを持てるような人生にしていきたいものです。 皆さんと一緒に。 最近は専らアイスの発信ばかりですが 28歳最初のライブは恵比寿天窓から配信ライブ! 2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」

©️2019 Wix Inc