制作企画内訳



明日書くといいながら

記事を書き終えたのが午前2:30。

投下するボタン押す前に力尽きていました884です。




今回は僕のクラウドファンディングへ

少しでも多くの方と共通認識のもと

ラストスパートを進められたらと思っているので

中々知ることがないであろうCD制作時の費用から達成額の内訳を紹介してみようと思います。



生々しい話だし

理解してくれ!とかではないので

そんな感じなんだぁ。へぇ〜。

という程度で読んでもらえたらと思います。


情報に関しては各社HPなどでは公開されていて誰でも見れるものから抜粋しているので

恐らく問題ないかと思います。




先ずは制作費のお話を。

現在では自主制作のものがほとんどですが

弾き語り活動始める前身バンドでは

スタジオに入り、業者へプレス依頼を出していたので

それを元に紹介していこうと思います。



パーカッションをやっていたバンド時代の3曲入りシングル作成時

実際にかかった某スタジオでのレコーディング料金※HP参照


レコーディング代

(ギターやボーカル、コーラスなど曲に必要なパートを録音すること)

¥4,500/1h


ミックスダウン代

(録音した曲たちを1つのCDとして聴ける状態にするため、音圧やバランスを整え編集すること)←僕のイメージです。正直奥が深すぎて僕もよく分かってません。笑

¥3,500/1h


(いずれもスタジオ代、機材費、エンジニア人件費込み)


当時

10h×2回をかけてレコーディング

実際のレコーディング費用

¥4500×10×2=¥90,000


10h×1回をかけてミックス

¥3500×10=¥35,000

3曲分のレコーディングで計¥125,000


上記のスタジオのように時間換算される場所もあれば、曲数で換算される場所もありますが、恐らく一般的なスタジオ料金も同程度かと思います。



例えば今回のフルアルバムのように

13曲入りを作るとなると

1曲あたり

125000÷3=41,666.6667

分かりやすくすると1曲¥41,500

それが13曲なので

41,500×13=539,000


もちろん当時は

ギター×2 ボーカル×2 コーラス×1 パーカッション×1

という形だったのでそもそもの所要時間などもありますが、、


通常13曲のアルバムを作るには

単純計算でだいたい¥539,000の費用がかかるのです。

はい、既に目標額をオーバーしているわけですね。


ではなぜ今回この額でプロジェクトを立ち上げられたのか。



今回は全13曲のレコーディング

そしてミックスとアレンジまでを手掛けてくれる藤原右裕さん。

1曲を¥10,000で請け負ってくれておりまして13曲で¥130,000。

通常時の約4分の1もの超絶友情価格で制作してくれているからこそ

クラウドファンディングもこの値段で進行することが出来ています。


ただちょっと正直な話。

僕としてはそれは最低保証額で

出来ることならば気持ちだけでも多くお支払いはしたいと考え

目標額の¥400,000のレコーディング費の割合は1曲¥15,000計算

15000×13=¥195,000で算出しています。

それでも安いくらいなので

目標額を超えた場合にはさらにその分はお礼できたらなぁ、と思っていました。



ここまでの費用を計算すると

目標額¥400,000 達成の場合


プラットホーム利用手数料¥68,000

レコーディング・ミックス費用¥195,000


この時点で¥263,000を使用

残り¥137,000



そしてCDにはもう一つ作品にするためにプレスという行程が残っています。

まずは曲としてのデータをCDに焼いたり

盤面ジャケットやCDジャケットを印刷し

ケースに梱包したりする作業。

今までは自主制作だったので

僕の場合CDジャケットだけ自作でデザインしたものをプラスに出し

CD、ケース、パッケージは自分で用意して梱包までも自分で行っていました。


ただ今回のアルバムはしっかり全てプレスに出したいので

その分までコストもかかってしまいます。。


12ページのジャケットで総数300枚を発注しようと思っていて、そうなると相場はだいたい¥90,000〜¥11,000くらい。


今色んな業者を吟味しており

値段とクオリティ、信頼のバランスが良いところにしようと考えているので

間をとって¥10,000とします。

となると、先程の残額から差し引いて

残りは3,7000となります。

送料が1つ¥200換算でとりあえず計算しているので

現在のパトロン数の16をかけると¥3,200。


送料は人数が増えれば増えた分だけ上がるのでその都度引かれていくことを加味して少し余裕持って計算してました。(いっても¥10,000くらいだろう。というあまりに安易な。。)


ただ現状残る額は¥33,800となります。

ではその¥33,800が儲けになるのかといえば

全くもってそんなことはなく、、


その経費を使ってリターンを制作するわけですね!

最終的にメッセージカードや

セルフライナーノーツがどのくらいの量になるかがまだなんとも言えないのですが

まずはCDジャケットも含めての

ジャケットやリターン品のデザイン費。


CDの方とリターンの方

¥5000+¥5000で¥10,000


これは実際に僕が個人的に何人かのアーティストさんのジャケットを担当させてもらったときに頂いた報酬と同じ値段です。


ここで残りが¥23,800


メッセージカードはコレも業者によりますが

相場だと高くて¥3000ほど。

チケット代も業者によりますが¥2000もしない程度なので

合わせて¥5000としておきます。

となると残りが¥18,800

残るリターンはセルフライナーノーツなのですが

これがせっかく作るなら結構読み応えのある、そして意味のあるものにしたいなぁとずっと考えていて、、

映画の、とまではいきませんが

しっかりパンフレットっぽいものにしたいと思ってまして、、、

調べてみるとこれも業者次第ですが

なんと¥13,000近くするんです。。

ここは初めての試みなので相場などあまり分からず、、


だからとりあえず目標額の中にはそれで計算していれてしまったので話を進めると残るは¥5,500。



ここで先程の送料の話を思い出して欲しいのですが

¥10,000くらいだろう。という浅い計算の元立てていた算段で目標額を設定したので

現状の送料¥3,200との差額を出してみると

もうすでに残額を超えてしまっているわけですね。


つまりこの計算通りいけば目標達成しても

赤字ということなんです。


だからクオリティは保ちつつ

リーズナブルに各品を作れるところをギリギリまで模索してるのですが、、、笑


これでよくクラウドファンディングで見かける作品やリターン以上の金額設定

というものは極力避けるようにして

作品でなるべく勝負しようとしてるのが少しでも伝わってくれたらと思います。

(ただの支援というような内容も一応一つ作ってあるので何とも言えないのですが、、)

その辺の意図はまた別機会に書きます。。


まぁもともとリターン費用くらいは自分で負担することになるだろうなぁ

なんて思っていたのですが


ただ正直、最低50%くらいいかないと

リターンのセルフライナーノーツを

内容は同じですが

パンフレットの形状の質などは少し考え直さねばなりません。。

ここは厳しかった場合力不足で申し訳なさしかないのですが

それでも内容はグッと詰め込んだ濃いものを今からもう書いているので

そこは安心してもらいつつ、一緒に上向くのを祈っていてもらえたらと思います。。



以上が今回のクラウドファンディング内訳でした。


生々しいものを申し訳ありません。笑


でもそういう部分も絶対大事だと思うし

綺麗なものだけじゃない

真のありのままをみんなと共有していたいという気持ちだけでも、届いていたら嬉しいです。


まだまだ結構渋い数字ですが

それでも現状協力してくれている皆さんのメッセージ一つ一つ

それを読むだけで本当に泣けてくるし

めげずにやれるとこまでやってやろう!という気持ちにさせてもらっています。

本当に有難う。


残り6日。

僕は僕のやり方で参ります。



皆さんも、自分の歩幅、ペースで。

最新記事

すべて表示

努力よりも習慣化

2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」 19:00〜配信開始 ツイキャスプレミア配信券¥2000 小関峻 ツカダコージ 884 (19:50頃〜) 配信及びチケット購入はこちら↓ https://twitcasting.tv/ebisu_switch/shopcart/7201 やべー、ブログをいつも忘れてしまうー、、 習慣化がまだまだでき

タイミング

6月ライブは現状こちらのみ! 2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」 19:00〜配信開始 ツイキャスプレミア配信券¥2000 小関峻 ツカダコージ 884 (19:50頃〜) 配信及びチケット購入はこちら↓ https://twitcasting.tv/ebisu_switch/shopcart/7201 全てはタイミング。 でもそれは偶

28

歳になりました! 沢山のメッセージありがとうございます! そんな応援のおかげ様で また一つ歳を重ねることが出来ました! 歳をとる毎に深く 歳をとることに楽しみを持てるような人生にしていきたいものです。 皆さんと一緒に。 最近は専らアイスの発信ばかりですが 28歳最初のライブは恵比寿天窓から配信ライブ! 2020.6.25 恵比寿天窓switch presents 無観客配信ライブ「#E1849E」

©️2019 Wix Inc