©️2019 Wix Inc

人間一回目






あ!コレいいな!って思ったブログの題材

長野からの帰り道運転しながら思考を練っていたのですが

色々買い物を頼まれたので

そんなんをこなしたり色々している間に

内容すっかり真っ白になってしまい

最近の自分の物覚えの悪さ

記憶力の低下に危機感すら覚えている884です。



まずは長野INDIA live the SKY

ありがとうございました!


昨年はずっと企画で来ていた分

まだ緊張感がありますが

原点回帰のつもりで1つ1つを大切に

先へ繋がるように毎回を紡いでいけたらと。


仕事や都合の合間を縫って

来ていただける方々ひとりひとりに救われながらの精一杯のステージでした。

僕らはこの日、この瞬間に

届けたいと思った歌を一方的に届けることしかできないけど

その中から一曲、一言だけでも届いたなら

きっとそれがライブが終わったあとも

日常の中で常に同じ目線で共に歩いていて

しんどいときも前向きなときも寄り添えるものになっていくはず。


ステージ上で、ひとりじゃないと思わせてもらえる分までも

それぞれの生活の上では、そう思ってもらえるように

歌って生きたいものです。


次回のSKYアコデーは3.27に決まりました!

臨み方は変われど

こうして変わらず機会をくれるSKYにも感謝です。

また共に参りましょう。




さりげなく、

理想だった朝の更新にシフトしているので

今日は僕も共感して心掛けている言葉を。



僕は昔から島田紳助さんが大好きで

今でもよく過去の動画を見たり、話を聴いたりしているのですが

その中で昔から好きな考えがあります。


「人間は何度も生まれ変わっている」


というもので

輪廻転生というやつですかね。

デジャヴというものは前世で見た記憶が少し残ってるから

初めて行った土地の景色を

なんか見たことがあると思ったりする

とかそういうことです。


スリランカ(だったかな?)では

小さな女の子が私の家は別にあると言い出して

全く別の名前で知らない土地、家族の思い出を語り出し

実際その場へ行ってみると道案内できるほど鮮明に覚えており

その家族のもとへ着いたら

女の子が生まれた年に本当に娘を亡くしていて

家族と泣きながら思い出を話し出したりするというようなことが

実際にあったそうで。


それはたまたま記憶が鮮明に残ってしまっただけで

ちょうどよく記憶を消しつつ

何度も生まれ変わっている


だから同じ年で同じように学校に通っているのに

成績が全然違ったり

やけに落ち着いてるやつもいれば

本当に大丈夫かってくらいちゃらんぽらんなやつもいると話していて

確かにそうだなぁ。と思って聞いてたりしました。



いい行いをして

徳を積んでいくことで

また人間に生まれ変われると思う。

だから人には優しく

時にイライラする、目につく、鼻につくやつが現れたりしても

その人はまだ人間一回目だから仕方ないと思いましょう。



ということでした。

まぁそんな紳助さんは色々やらかしてもいますけど、、笑

そんなところも加味しても僕はあの人の話術、思想、努力が好きで

今でも沢山参考にさせてもらっています。




朝の通勤や通学

ドア側に立ってるのに降りないだとか

満員電車で皆同じなのにぶつかったらぶつかり返してくるだとか

降りる人を待たずに乗ってくるやつとか


まぁそれに限らずとも

日頃からちょっとそれはどうなの?

って少しイライラ、心に角が立つことが多々ありますが

そんなときそれを引きずったりせず

またそんな自分を卑下することなく



なんだ。

あの人まだ一回目か。じゃあ仕方ない。



なんて、思ってみてはどうでしょうか。